義行のブログ
師匠と出会い前向きになれました。 前向きの次は前に出過ぎる様になりました。 最後に自分の正体が分かりました、20年かけて。 今ここにその戦績を記す!
最近の記事



プロフィール

草間義行

Author:草間義行
初めまして。草間義行と申します。島津先生にご指導を受けて早20年。本当に様々な経験をさせて戴きました。生きる事即ち修行と教えを受け、仏道修行と武道修行、そして社会生活を
同時に行い、自分を見つめ鍛えて自己研鑽の日々です。遠回りこそ目的への近道。51才。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量子論的修行過程
以前、空手の世界チャンピオンが稽古中にこんな事をつぶやいていました。

<迷うな!迷いは不安となり、不安は恐怖となる>

傍で着替えをしていた私はこれを聞いて<うん?>と思ったのです。
確かに言葉の通りです。大会前で相当追いこんでいた時期であり、
不安で一杯だったのでしょう。

しかし今冷静になってこの言葉を思い出すと、決してこの言葉では
不安は解消出来ないと思うのですがどうでしょうか?
つまり<迷いを持つとこうなる>と言うマイナスのイメージが増加していませんか?
こんな例もあります。

<XXになれ!XXを持て!>

これ聞くと一層その目標から遠ざかる逆心理が働きます。つまりこうです。

<XXになれないのは何故か?XXを持てないのは何故か?>

言葉とは不思議なものです。ここで葛藤や懊悩が働き、そこが修行だと思います。

で散々懊悩した挙句、最後にそこを超える。しかもいきなりある時に超える。
超えてしまった自覚もない。このプロセスには中間が無いのがこれ又説明出来ない
のですが…。

不思議な不思議な修行の世界。私はそこに魅了されています。懊悩も又楽しや(笑)

そう言えば物理学の世界で<量子>という考え方があります。
エネルギーが段階的ではなく、レベル的であるという理論です。
20世紀に入ってこの理論が出てから宇宙や原子解明が飛躍的に発展したそうです。

そう考えると人間も宇宙の一部と考えれば修行の過程も同じなのかも知れませんね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://noumakusanmanda.blog52.fc2.com/tb.php/384-8f101d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。