義行のブログ
師匠と出会い前向きになれました。 前向きの次は前に出過ぎる様になりました。 最後に自分の正体が分かりました、20年かけて。 今ここにその戦績を記す!
最近の記事



プロフィール

草間義行

Author:草間義行
初めまして。草間義行と申します。島津先生にご指導を受けて早20年。本当に様々な経験をさせて戴きました。生きる事即ち修行と教えを受け、仏道修行と武道修行、そして社会生活を
同時に行い、自分を見つめ鍛えて自己研鑽の日々です。遠回りこそ目的への近道。51才。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三種の神器
最近の朝の勤行中に妙な事を発見した。

左手に数珠、右手の三杵、正面には鏡を置いてお経を唱えます。
左右の手を大きく広げてそれぞれが<正三角形>の位置になる様姿勢を保つ。
色々試したがこれが一番しっくりくる<ポーズ>になりました。

今朝ハッとしました。

これって所謂<三種の神器>ではなかろうか?

右手:三杵=剣
左手:数珠=勾玉
正面:鏡は鏡。

そう考えれば一番バランスが取れるのも頷ける。知らずにこの姿勢を取って
いた。不思議だ。これは何を意味するのだろうか…。うーん。





スポンサーサイト
開けゴマっ!
そもそも何故この言葉は<ゴマ>って言うのでしょうか?
意味が分りません(笑)。呪文か何かなんでしょうか。

さて今日は特に何も観えませんでしたが出だしで調息を一回こなして
いきなり<いつもの感覚>に突入しました。

何とも表現しようもありませんが目の前の空間が<超フラット>になった
というか何と言うか。

観える時は空間が<そういう状態>になり成る時はいつも同じです。

どうにも書けないのでしいて言えば<開けゴマっ!>。

もし完全にこれを体得しても他人に方法を伝えるのは無理でしょう。
個人差もあるし体得のコツはどうやら調息だけではない様です。

そういう意味では瀧行は良い訓練でした。あれは外的に大きな刺激が加わります。
あの環境下で心の平静を保つには何度も瀧行をこなす必要があります。

そう言えば瀧行で深い瞑想状態に入るには途中で一旦大きく呼吸をしていた様に思います。
最初は慌てるので瀧の中で深呼吸など出来そうもありませんがどういう訳かそれが
出来る様になります。

スティーブジョブス氏がスタンフォード大学の卒業講演でこんな事を言っていました。

『将来を予測して点を結びつけることはできません。あとになって点が結びついたと
分るのです。』

うーん、なるほど。確かにそうだ…。
<調息>と<調芯>
最近のテーマは行も仕事も<芯>をピタっと合わせる事をやっています。

闇行は次のステップに入っています。体、心、魂の3つを合わせる事。
どれかのバランスが欠けても駄目の様です。それらの統合には<調息>
だそうです。呼吸を使う。

昨日は先日の再現寸前まで行きました。フォーカス?が今一つだったので
無数の<星>にならずグレーのボケた点が沢山浮かびました。もう少し
ピントが合えば<星>になった感じです。

そして行の”副産物”ですが佛(不動明王)になるのも『これ』を使えば
良いんだなと言う事が段々分って来ました。

しかし言うは易しで中々出来るものでは無い様ですね。いかなる状況でも
出来る様になるには相当の訓練が要ると思います。正に経験の場数と試行錯誤の
繰り返しでしょう。昨日は比較的入り易い状態だったのが良く分ります。
行の前から雰囲気でそれが分りました。まだ探りながらの調整段階と言った
所です。

仕事も同じでいかなる状況でも質問に即答出来なければ商機を逃してしまいます。
そう言う意味ではバランス良く年中一定の緊張状態を保つ事だと思います。

そして私の扱う技術的なテーマは光学素子の中心をピタっと合わせる事です。
でなければ得られた画像はピンボケになってしまいます。
これを<調芯>と言います。

<調息>と<調芯>。似て非なるものですが共通点を感じています。
ダイヤモンド
今日は予告がありました。

氏神様より<行に異変が起こる>と。

そして先程の行で遂に<光>を観ました。

どう書けば良いか分りませんが最初、雲に太陽が見え隠れする様な光景の後、
全面が明るくなった。

<うっこれって宇宙空間か?>

空間全面が明るく、右下に何かの光の塊が観えました。
意識もはっきりしてるので幻影では無いです。

例えて書くならば探検隊が洞窟の中で発見した箱を開けたら中にまばゆい<ダイヤモンド>
があった。それを驚愕しながら見つめている。そんな光景です。前回の時とはまるで違います。

時刻は2012年2月17日午前3時半。

行開始して4ヵ月経過後、遂に<光>を捕える!!これが何を意味するのでしょうか?
それはこの行の続きにあると思っています(泣)




光明の兆し
明らかに何か光明が観えて来ました。
体側は確かに明るい。そして他でも何やら明るい。

うーん、何だろうか。兎に角今はこのまま進もう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。